人によく使われる人が、人をよく使えるようになる。

コラム

こんにちは。

「人によく使われる人が、  
  人をよく使えるようになる」

本を読んでいて、こんな言葉があ
りました。

なるほど、納得です。

ビズネスマンにって大切なことです。

人に使われることを知らなかった
人は、人を使うことができません。

部下であった時は、よく使われる
ことで、上司の気持ちがわかります。

自分が上司になった時は、どのよう
に部下と接すればいいのかもわか
ります。

どちらの立場に立っても、
悩みが尽きないかもしれません。

ですが。
お互いが、それぞれの立場で
努力すれば、いい方向にはいく
はずです。

最近はこんなことを学べる機会
って減っているのかもしれません。

フリーランスや
在宅ワークが増え、

人との関わりも希薄になりがち。

福祉の仕事も一人でできるわけ
ではなく、

職員間の協力、
上司、部下の関係もあります。

良い関係とは、相手の気持ちや
立場に立って仕事をすることです。

わかっていても、
なかなか、できないものです。

自分の仕事で精一杯になり、
周りが見えていないことはよく
あります。

悩みのほとんどは、
人間関係とも言われるようです。

一緒に仕事をする人も。
支援する人、される人。

人との関わりなしでは
成り立ちませんね。

今置かれている環境や待遇に、
不満を漏らしてしまうこともある
かもしれません。

世の中には変えられないことや
受けいれることが必要なことも
あります。

相手を変えようとしたり、
周りの環境は、
そう簡単には変わりません。

しかし、
自分を変えることは、意識すれば
今すぐにでもできます。

この視点が大切だと思うんです。

Yasu

コラム
奈良 大阪 三重 滋賀 ケアマネ試験対策 さくら福祉カレッジ 

コメント