毎日のケアとプロのケア

コラム

今日は歯科に行ってきた。

4ヶ月に一回、何もなくても行く
ようにしている。

毎日のブラッシングでは取れない
汚れがあるらしいの。

先生によると、30歳を過ぎると
歯周病になりやすいらしく、

定期的なメンテナンスで、
かなり防げるらしい。

先生に会うだけでも、
気が引き締まるよね。笑

この考え。いいなと思わない?

受験勉強、日々の生活

健康管理、メンタルヘルス

すべてにおいて当てはまるよ。

私は、講師であり、介護職なので、
ふたつの面から話しておくね。

まずは試験勉強。

毎日の勉強。

これは絶対必要。

でもね。

定期的に、軌道修正や今の実力
を客観的に見て修正することが
大切だね。

模試試験を受けたり、
個別指導にあたるかな。

個別指導なんて高い!

そう思うかもしれない。

間違った方法で勉強をして
時間を無駄にするとどうかな?

最悪、不合格でまた来年。

長い目で見れば、時間もお金も
かなり浪費だよ。

あなたの支援を待っている人
がいることを忘れないでほしい。

もたもたしている暇なんてない。

さっさと合格して使命を果たし
てほしい。

介護職としてはどうだろう。

腰痛について、フォーカス
してみるね。

腰痛を我慢しながら仕事
してないかな?

ちゃんと治療とメンテナンスを
しなさい!笑。

調子のいい時こそ、きちんと
メンテナンスをしよう。

だって介護のプロだから。

あなたが介護される側なら、

痛みに耐えなが険しい顔をした
人に介助されたいかな。笑。

プロは自己管理ができて、
最高のパフォーマンスができな
いとね。

腰痛がひどくなって、

長期休業。

仕事はできないし、治療費が・・・

毎日のケアと

定期的なプロのケア

これが大切なのかもしれないね。

Yasu

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました