介護技術、資格を取得すればどこでも働けるかも。

その他

こんにちは。今日は私のちょっと面白い妄想のお話をしたいと思います。(笑)

みなさん。今の生活に少し不満があったり、退屈だなと感じることってあると思います。

スポンサーリンク

仕事を辞めて、違うところで生活がしたい。

こんなふうに思うこともあるかもしれませんね。でも、家庭や仕事が…もちろん悩むと思います。当たり前のことですね。

一旦家庭のことは横に置いて、仕事についてはどうでしょうか?私たち介護職ってしっかりとした経験と資格が有れば、どこでも働けると思うんです。

全国でも高齢者施設ってどれくらいあるのか調べてみました。 

介護老人福祉施設 参考資料

厚生労働省ホームページより引用

これぐらいたくさんの高齢者施設があるわけです。北海道から沖縄まで。訪問介護であったり、デイサービス、入所施設など選択肢はありますが、介護職の働く場所はたくさんあります。ポジティブに考えればすごいことだと思います。

例えば私は沖縄がすごく好きで何度も行ったことがあります。もうなにもかもがいやになって、沖縄に移住しよう!なんて考えてしまうかもしれません。

生活するのにはやはり働かないといけないです。おそらく介護関係の仕事をすると思います。そして休日は沖縄を満喫。なんてことも可能かもしれませんね。

派遣という働き方。

最近、派遣という働き方もあります。派遣会社に所属することで、そこから自分の働きたい事業所で仕事をすることになります。短期間であったり、就業時間もさまざまで、働き方が多様化している今の時代にあっているのかもしれませんね。

派遣に関しても、経験があれば即戦力として働くことができます。それに自給なども比較的いいようです。私の友人に介護技術をしっかりと身につけたいということで、半年間ずつ特養や老健などで経験をつんでいると聞いています。

介護関係の事業所は、現在働く人が足りていませんので派遣を採用するところも増えています。同じ施設で長年働くという、ひと昔前のイメージとは変化しているように感じます。自分は長く介護の仕事をしているからと安心してはいけませんね。日々勉強や努力が必要です。

フリーの介護士が増えるかも。

介護職は専門職ですので、手に職といいますか、しっかりとした知識と技術を身に着けていくことが大切です。そうすることで必要としてくれる事業所も増えていくでしょう。もちろん介護技術だけでなく、人間性も問われるますので自分磨きも大切ですね。

介護業界は現状として、人手不足が深刻な問題で採用基準が少し甘いように感じる時があります。良い介護のためにはしっかりとした人材が必要です。

今後は、ひとつの事業所に属さず、自分の個性や得意分野を生かして働く人が増えてくるかもしれませんね。

その他
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました