転職について思うこと。

コラム

こんにちは。ふくまるです。

転職について考えてみたいと思います。私も介護・福祉業界で働いていますが、何度か転職をしました。振り返って考えてみると、良かった点、悪かった点が考えられます。

介護の現場は人手不足と言われます。たしかに、働く人が足りないのは事実です。転職する人が多いのも問題かもしれません。なぜ転職をするのでしょうか。

大切なのは、転職する理由を明確にすること。社会人として常識のある退職をすること。転職によるメリット、デメリットをよく考えて自分自身の中で納得する。このへんがポイントかなと思います。

なんとなくの転職はオススメできません。例えば、挑戦したいことがあったり、介護の分野でも違った形で働いてみたいなど。(デイサービスから特養とか)前向きな転職もあります。

今の環境に不満がある。人間関係がうまく行かない。上司が嫌いなど。そういう悩みもあるかと思います。しかし、転職先でも必ずと言っていいほど同じことが起きます。環境のせいにするのではなく、自分自身に問題がないか一度確認することも必要です。

今の職場で一切学べることはないと諦めてしまわずに、まだできることはあるはずと、もう少し踏ん張ってみることで見えることもあります。ただ、職場のストレスが原因で体調を崩している時や、明らかなパワハラなどがある場合は転職も必要でしょう。身体を壊しては元も子もありません。

転職し職場を離れて、前の職場の良さや上司の指導に感謝するこもあります。私もそうでした。これは良いことだと思います。転職しようか悩んでいる段階では周りが見えなくなっていることもありますし、環境が変わることでわかることもあります。もちろん反省もありますが、この経験を後輩たちに伝えていけばいいのです。

また、新しい職場に行けは再スタートです。介護職としての経験はあっても新人に戻ります。慣れるには時間がかかります。自分のやりたいことがあったとしても、最低でも2~3年は絶えないといけないかもしれません。無駄なプライドは捨てて、謙虚に仕事に臨むことがいいと思います。

前職が長かったり、それなりに役職がついていると、いろいろと比べてしまい悪いところばかり見えてくるかもしれません。それ自体はいいことです。その気持ちも忘れずに仕事を進めることが大切です。前の職場の方が良かったなと思うこともあると思いますが、仕事に慣れることで解決していきます。

会社などに所属していても、自分の意見を伝えるのは大切なことです。しかし、前の職場ではこうだったと言いうのはあまり良くないと思います。まずはここではこのような方針なのだと理解していみることも勉強になります。

話は戻りますが、退職の時も礼儀というものがあります。たまに、いきなり辞めることを伝えて、愚痴や不満を言い去って行く人もいますが、社会人としては良くないことです。すでに転職先が決まっている場合もあると思いますが、まずは仕事を辞めようと悩んでいる段階で上司に相談するのがいいと思います。理解のある上司であってほしいところですが…(笑)

今までお世話になった職場です。全く成長できなかったということは無いはずです。また経済的にも仕事があるから生活ができるわけです。雇う人、雇われる人がいるからこそ仕事が成り立つわけですから、お互いが良い関係であったほうがいいです。

福祉関係の仕事を継続してい続ける場合は、近くで就職を探す場合もあると思いますので、もめた形での退職ですと、良くも悪くも噂というものは伝わったりします。それほど神経質になることはありませんが、少し意識しておくこもといいかと思います。

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました