成功するまでやり続ける限り、失敗じゃない。

コラム

こんにちは。ふくまるです。

今日は時間があったので、読書をしていました。

SNSばかりしていないで、たまには読書がおススメです。

本を書くってすごい労力だと思うんです。

筆者の思いが凝縮されていますからね。

タイトルにも書きましたが、

「成功するまでやり続ける限り、失敗じゃない」

すごくいい言葉だなと思って。

なにごとも、とにかくやり続けることが大切なんです。

すぐに結果が出ると思わず、

成功するまで続けること。

つまずいたり、悩んだりすることもありますが、

失敗ではありません。

最近は、〇〇成功法とか、

よく耳にしますよね。

たしかに、すぐに結果を出したいと考えますが、

成功までのプロセスも大切です。

仕事について考えてみたとき、

もっといい介護がしたい。

認知症のことをもっと学びたい。

こう考える人も多いと思います。

しかし、まずは職場に慣れる。

仕事に慣れることから始まります。

決して、自分のやりたいことが

すぐにできるわけではありません。

そんな中でも、しっかりりと

信念をもってやり続けることです。

会社が悪い。環境が悪い。

と考えるのはよくありません。

本気で学びたいと思えば、

いくらでもできることがあります。

認知症の方の声掛けって難しくないですか?

うまくいくこともありますが、

失敗して怒られることもあります。

しかし、いろいろ試してみたり、

本を読んで勉強したり。

試行錯誤が身になります。

うまくいったときは、やりがいと自信につながります。

介護ってここまでできればいいとか、

そんなものはなくて、常に成長していける仕事です。

ほんとうにいろんな人がいますからね。

私自身、10年ほど福祉の仕事をしていますが、

まだ出発点のような感じがします。

日々学びたいことが増えてきます。

短い期間で転職してしまう人もいますが、

長く働くことで得れること。

できることも増えてきますので、

少し先を見据えながら、

日々の業務と向き合ってみるのもいいと思います。

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました