経験とセンス

コラム

こんにちは。

7月になりましたね。

今日は、人生初のパーマをあててみました。

気分を一新したかったもので。笑。

自分では結構いい感じだと感じています。笑。

パーマの強さって、

美容師さんのセンスにかかっているようで、

巻き方と時間で調節します。

人それぞれ、髪質も違うので、

感覚と経験、センスが問われると思います。

やはりプロの仕事です。

パーマなんて強くかけすぎると

すぐに元に戻せないですから笑。

福祉、介護の仕事も専門職であり

プロということです。

介護現場でもセンスが問われる部分があります。

認知症がある人の対応についてはどうでしょうか。

センスというか、直感で感じることも大切です。

難しいことではありません。

相手の気持ちになって考えてみることです。

ただそれだけです。

例えば、夜間眠れないおばあさん。

不眠症といこともありますが、

不安なのでしょう。

その気持ちを理解することです。

問題行動という形で何かを訴えていることもあります。

ただ、私は問題行動という言い方は好きではないですが・・・

その人にとっては意味のある行動と考えるべきかもしれません。

もちろん経験が役に立つこともあります。

ただそれに当てはめすぎるのも良くありません。

経験が長くなれば注意が必要です。

経験とセンスをうまく使っていきたいですね。

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました