何をしないか。

コラム

こんにちは。

今日は「何をしないか」という話をします。

つまりしないことを決めるということです。

人って、

あれもしたい、これもしたいって

たくさん何かをする方に意識が向きやすいです。

いろんなことに挑戦することも大切です。

その中で、自分に合うものがわかってきます。

そこからは、広く浅くよりも、

あまり枠を広めずに深く探究し行くことがいいと思います。

例えば、趣味もたくさん持つよりも、

一つの趣味を突き詰めた方が得るものが多いし、

実りの多い出会いもあるかもしれません。

仕事についてどうでしょうか。

福祉業界とう枠組みで考えると、

高齢者福祉、障害者福祉、児童福祉、母子福祉、行政など。

たくさんあるわけです。

全てをカバーするのは事実上難しく、

一つの分野のエキスパートになる方がやりがいもあるでしょう。

これからは浅く、広いスキルは余り役に立たなかもしれません。

介護職場で考えてみると、

介護職、相談員、ケアマネ、経営。

それぞれの役割があります。

自分がどれに向いているのか、

適材適所の考えを持つことも大切ではあります。

介護職で就職したなら、

介護のスキル、知識、考え方をしっかりと身に付けることです。

そこから次のステップに進むのもいいと思います。

話は戻りますが、

時間は有限ですから、

何か一つのものに集中したい時は、

「何をしないか」

これを決めるところから始めてみてはどうでしょうか。

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました