優しさと厳しさ

コラム

こんにちは。ふくまるです。

優しさと厳しさ。

この辺のバランスが難しいなと思うことが結構ある。

ただ嫌われたくないからやさしくしていたり、

嫌いだから厳しくする。これは嫌がらせだね。

ここを勘違いしてはいけないと思う。

相手のことを思うなら、言いづらくても伝えなければいけないこもある。

たとえば、仕事のこと。家庭のことなど。

実際人間関係のことについてが多いかな。

仕事で新人職員さんがいたとしたらどうだろうか。

ただ何も言わずほめるだけ。

できなことばかり指摘して、注意するだけ。

どちらも正しくないね。

人に教えるってほんとに難しい。

できないことは指導、注意は必要だけど。

性格や存在意義まで否定してはいけない。

一緒に働く仲間なのだから、早く仕事を覚えてもったほうがお互いいい。

指導する側の心構えも大切だけど、

指導される側の謙虚さも必要。

ガツガツいく場面も必要だけど、慎重な時も必要。

お互い意識してこのような関係を作っていければいいだろうね。

夫婦の関係においてはどうだろうか。

毎日一緒に生活するわけだから、悪いところが見えたりといろいろある。

それぞれの価値感や考え方があるぶん、衝突を避けられないこともあるね。

まずはお互いの意見を聴く謙虚さは必要だと思う。

何が正しいかは、その人の基準になることが多いが、

基準を作ることが人生そのものだし、生きる意味にもなると思う。

人の意見を聴いたり、経験することでわかってくることもある。

その時の感情で、ドバっとでてくる言葉って、

それほどは頼りにはならないと思う。

自分に厳しく、人には優しすぎるぐらいでいいのかもしれないが、

相手のことを思って厳しい意見を言うことも時には必要だと思う。

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました