介護職の腰痛対策

その他

こんにちは。介護職の悩みの一つに腰痛があります。悩んでいる方も多いのではないでしょうか。私も何度か腰を痛めてしまい、つらい思いをしたことがあります。今は大丈夫でも油断大敵です。介護職の腰痛対策について考えてみます。

スポンサーリンク

介護職の腰痛の原因は。

介護の仕事をしていると腰痛になる人が多いのはないでしょうか?やはり中腰になる姿勢が仕事柄多く食事介助、入浴介助、おむつ交換など身体介護において腰にかかる負担も大きいです。

特にベッド上での介助や、車いすなどへの移乗は一日に何回も行いますし、体重の重い方、麻痺や拘縮など介助が難しい時もあります。力任せの介助をしてしまうと、介助される側も不快で痛みを伴うこともありますし、腰痛の大きな原因になります。時間に追われていて忙しいですが、ベットの高さを上げたり、膝を曲げて介助をするなどちょっとした心がけが大切になります。

まずは介護技術を身につけよう。

介護技術の向上はできているでしょか。介護職は専門職ですから日々技術の向上をめざしていくことが大切です。初めて介護の仕事に携わるときは、初任者研修を受ける場合があります。もちろんそこで介護技術の基礎を勉強するのですが、実際の仕事をイメージするのは難しいと思います。実践の中で試行錯誤しながら身に着けていくものです。それには基礎知識は非常に大切になります。

初心者の方は、現場に入ると介護技術について戸惑うことも多いと思います。おすすめは介助が上手な人に聞いてみる。教えてもらうことがいいです。上手な人は無駄な動きがありませんし、力ではなく、コツや技術をもって介助をします。自分の体格や力がないことを心配することはありません。日々練習すればできるようになりますよ。

それから、関わる利用者さんは千差万別です。疾患や身体の状態が違います。もちろん介助の仕方もそれぞれ違うわけです。その人に会った介助をしなければケガの原因になりかねませんね。職員間でよく情報共有をして統一した介助をすることが必要です。

本や動画で介護技術の勉強をしよう。

アマゾンなどで一度「介護技術」と検索してみてください。いろいろと勉強になる本が出てきます。興味があれば読んでみてはどうでしょうか。資格を取得したり就職が決まれば終わりではありません。そこからがスタートです。すべての人ではありませんが、介護職の人の技術の向上意識がすこし低いように感じることがあります。私も反省したい点です。

私も以前に青山先生の介護技術の講習会に行ったことがあり、すごく勉強になりました。もし余裕があれば一度参加してみてください。YouTubeにも介護技術の動画がアップれているので参考になりますよ。調べてみてください。

身体のケアを心掛けよう。

介護技術をみにつけることも必要ですが、身体のケアも大切にしてほしいです。身体を酷使しているといつかは壊れてしまいます。例えばスポーツの前には準備運動をしますよね。そんな気持ちをもって仕事に臨んでみてはどうでしょうか。おすすめは仕事前に簡単なストレッチをすることです。出勤前の15分でもいいので、気になるところや腰回りを伸ばしてみるといいでしょう。腰を痛める時って、仕事が始まって序盤にしてしまうことが多いように思います。身体の準備を整えることで防げることもありますね。

また腰痛持ちで、接骨院や整形外科に通院している人もいます。それで満足していませんか。かつては私もそうでした。腰が痛くなると、病院で治療してもらえば大丈夫と安心していましたが、あくまで対処療法であるということです。しっかりとした日々のケアを心掛けることが一番大切ですね。

まとめ。

腰は身体の要です。痛めてしまうと仕事だけではなく日常生活にも支障が出てきます。一度痛めてしまうとまた痛めるのではと不安になりますね。しっかりとしたケアを毎日心掛けることが大切と感じます。

その他
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました