説得より納得。

コラム

こんにちは。ふくまるです。

介護の仕事をしていると、認知症の方と関わることが多くあります。

お風呂に入ってほしいけど、入ってくれない。

食事の時間だけど、起きてくれない。

夕方になれば、家に帰らないと、と準備される。

まぁいろいろあるわけです。

そんなときどんな声掛けをするのがいいのでしょうか。

たとえば、帰宅願望の強いおばあさんがもう帰らないと…

夕方になると、そのような訴えをされる方は多いのです。

「今日は泊りですよ!ここにいてください。」

このようは、受け答えでいいのでしょうか。

おそらく納得されず、怒りだされるかもしれません。

帰りたいには、理由があります。まずは聞いてみることです。

「どうして帰りたいのですか?」

女性であれば、家のことや子どものことが気になっているかもしれません。

それを否定するのはよくないです。

ご高齢だったとしも、記憶はもう少し若いころ。

子育てをしていた時期になっている可能性もあります。

年齢を尋ねるよ、かなり若く答えらえる方もおられます。

「家のことが気になるのですね。ご家族の方から、連絡がありましたので、今日はこちらで夕食を食べませんか」と提案してみるのもいいかもしれません。

確かに事実ではないかもしれません。

ご本人の見えている世界で、話をすることは大切なことです。

まずは納得してもらうことです。すこしすれば忘れてしまうかもしれませんが。

しかし、ご本人の考えを理解せず、介護職の主観で説得するのはよくありません。

「説得より納得」です。

これはいろんな場面で必要です。

お風呂の時間はどうでしょうか。

お風呂が嫌いで、入浴を拒否される方がいます。

いろんなことが考えられますが、

以前に強引に入浴させられて、それがトラウマになっていることもあります。

無理に入浴をするのはあまりよくありません。

認知症の影響で、忘れることも多くても。

その時の感情は忘れないのです。つまり、いやだった感情は残るのです。

入浴という言葉は使わず、

「足浴はどうですか?」とか「着替えだけでも」

このように、脱衣場まで行っていただくのもいいかもしれません。

お風呂を見ると、「じゃあ入ろうかな」となることもあります。

意外と、だだ面倒だからという理由で拒否されることもあります。

すこし強気で入浴の声掛けをして、入っていただくと

「あー気持いい」と喜ばれる人もいます。

普段からの関りで、そのへんの見極めは必要です。

また、入浴は裸になりますから、もちろん恥じらいはあるわけです。

しっかりとしたプライバシーの配慮は当然必要なことです。

季節により、細かい温度の配慮など。

入浴では大切なポイントがたくさんあります。

介護では、食事・入浴・排泄が基本です。

話はそれましたが、

「説得より納得」です。

認知症は忘れていく病気です。

その人の世界観にあった声掛けを心掛けたいですね。

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました