旅=人生

その他

TraveLife クリエイティブに生きるために旅から学んだ35の大切なこと【電子書籍】[ 本田直之 ]

価格:1,019円
(2020/2/25 05:43時点)
感想(0件)

旅ってすごくいいですよ。私もこの本を読んでまた一人旅がしたくなりました。ぜひ20代の時は、時間もお金も余裕があると思いますので、海外に行ってみるのはいい経験になります。少しは勇気がいると思いますが、一歩踏み出してみてください。

著者は世界中を旅することで沢山の学びがあると言っています。私も20代の頃に何度か一人旅をしましたので、まとめてみます。

スポンサーリンク

私が一人旅をオススメする理由。

一人旅にどのようなイメージを持っているでしょうか?一人では寂しいとか不安と感じるかもしれません。しかし、一人旅というのはすべて自分で決定し行動しなければなりません。

決断力や行動力が身に付きますし、何より相手に合わせることなく自分が行ってみたいところに行くことができます。友人など複数で行動する場合、それぞれに意見があったとしても話し合って決めて行くことになります。すべて自分の意見が通るわけではありません。

旅というのは、本当に信頼できる仲間と行かないとむしろストレスとなります。気を使うことなく、一人旅をして自分自身とゆっくり向き合う時間を持ってみるのもいいことです。

普段から複数人で行動することに慣れていると、一人だと本当に決める事が出来なくなってしまいます。自分の直感で行動し、非日常を感じることでいい刺激になり、感性が磨かれていきます。

人はコミュニティーに属することで安心感を得ることができます。それも大切なことです。しかし、自立という意味では自分で考えて行動することもきっと役に立つことです。

どうせ行くなら海外。とにかく予約してみる。

転職の機会に二週間ほどの休みが出来ました。以前から海外に一度は行ってみたいと考えていたので、これはチャンスかなと思いました。

ちょうど友人も休みが取れたので一緒に行く予定でしたが、急遽無理になり…キャンセル料の発生する期間でしたので、もう何とかなるだろう。「エイヤー!」って感じでした。不安よりも行きたい気持ちが勝っていました。

私の場合初めての海外、初めてのひとり旅でしたのでかなり勇気の必要な決断だったように感じます。

悩んでいる人がいれば、とにかく予約だけでもしてみることです。まずは予定を決めてしまうわけです。休みがとれるかどうかは後で考えます。(笑)もし行くことができない場合は、キャンセル料が発生しない時期までにキャンセルすればいいのです。

海外の旅に慣れている人は、飛行機のチケットや宿泊先も自分で予約すると思います。それのほうかコストも低額ですし、バックパッカーのように、予定は現地に行ってから決めるような旅もあるかと思います。「旅」とは本来そのよう感じでしょうか。

無難に大手のツアーもあり。

私の場合は、バックパッカーほどの勇気は当時ありませんでしたので、大手旅行会社で申し込みました。オプショナルツアーが多く用意されていますが、その辺はあり細かく決めず、現地に行ってから考えることにしました。

ツアーですので、飛行機や宿泊先の手配はすべてしてくれるし、治安などのことも教えてくれるので初めての人には安心です。おそらく女性でも安全な旅ができると思います。

国内であれば、インターネットの予約サイトなどで宿泊先だけ予約しておくのもいいと思います。言葉も通じますし、土地勘もあればそれほど心配することはないです。

旅までの準備を楽しもう。

旅の日程が決まるともちろん準備が必要です。どうせなら準日も楽しみましょう。

海外が初めてとなれば、パスポートの申請からはじまります。私も初めての経験で、いい勉強になりました。仕事の休みを使って書類を揃えて申請します。時間がかかるので、早めにしておくことが大切です。

それから荷物や服の準備をします。現地の気候に合わせて、服装を考えたり、通貨のことなど。もちろん日本円は使えませんので(笑)。予備知識として、観光地になっている地域は、クレジットカードが使えるので一枚もっておくと安心です。

あとはガイドブックを買って行きたいところを考えていました。これがすごくワクワクします。とにかく楽しい時間です。

ハワイ、台湾、沖縄。

初めての海外はハワイでした。行ったことがある方ならわかると思います。観光地で、安心して時間を過ごすことできます。初めての経験でしたので、かなり不安はありましたが(笑)行ってみると全然大丈夫でした。

不安でしたので、あれもこれもと 無駄な荷物をたくさん持っていき後悔しました。(笑)旅はなるべく身軽なほうがいいです。いい経験になりました。

その後、一人旅にはまってしまい台湾、沖縄にも行きました。それぞれはいずれ紹介したいと思います。

ハワイは観光地で、「バカンス」というような感じです。ハネムーンで行く人が多いのが良くわかります。日本とは気候や雰囲気も全然違うので、非日常が味わえます。

台湾はどちらかと言えば日本に近い感じです。物価も安く、料理もおいしいです。親日ですので比較的安心して旅ができます。

最後に沖縄です。沖縄は国内ですが本土とは違った雰囲気が味わえますし、手ごろに行くことができるのでおススメです。

ハワイ
台湾
沖縄

空港も楽しもう。

海外の場合、国際線を利用するので、結構早めに空港へ行きます。フライトまでの時間で買い物やぶらぶらできるので、充実した時間となります。空港での時間の使い方も旅の楽しみです。

そして、機内食も現地の料理が出たりするので、いい思い出になります。機内の時間が長いですが、本読んだり、ゆっくりと考え事をしたり、自分と向き合う時間にしてみるのもいいでしょう。深夜便の場合は仮眠をとって疲れを溜めないことも大切です。

予定を入れ過ぎず、のんびりと。

旅というのは限られた時間で貴重なものとなります。ガイドブックやインターネットで調べるといろんな情報があり、全部行ってみたくなるものです。

しかしあまり予定の詰め込んだ旅だと、忙しくゆっくりとできないです。じっくりと自分が行きたいところを絞ってみることをオススメします。

できれば、有名な観光地ばかりではなく、少しローカルな場所やお店に行ってみるのもいいです。一人旅の醍醐味かもしれません。その土地の特色や文化を知ることができます。

ハワイに行った時に感じたのは、王道のワイキキビーチよりも、島の反対側のノースシュアという田舎町が私は一番感動しました。これも予定していたわけではなく、当日の思いつきで行くことにしました。一人旅のいい部分だと思います。

まとめ。

旅というのは、非常にいい経験になります。いつでもいけるというわけではなく、タイミングと少しの勇気が大切です。若い頃にいろんな文化に触れることはいい刺激になります。

もし、一人旅をしてみたいと感じているのなら、とりあえず行動を起こしてみることです。

その他
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました