介護職は人間性。

コラム

こんにちは。ふくまるです。

みなさんには、お気に入りの利用者さんはいるでしょうか。

「介護の仕事」と考えれば、平等に接するのことが必要かもしれませんが、

人ですから、好きな利用者さんや、苦手な利用者さんがいていいと思います。

例えば、苦手な人に関わるときって、なんて話そうか、

どう関わろうと、身構えてしまいます。

声掛け一つで、機嫌が悪くならないか気を使います。

こちが苦手意識を持っていれば、相手もそう感じるでしょう。

逆にこちらから、好意を持って関われば、お互いに良い関係が作れることもあります。

いろんな個性がある職員がいるということは、

いろんな利用者さんの個性に対応できるということです。

利用者さんからの視点でみれば、

今日は、〇〇さん(職員)がいてないのかな。

と考えると思います。

「今日の夜勤のだれ?」と聞かれるのもわかります。

夜勤はユニットにひとりの場合が多いので、不安になると思います。

声のかけやすい、職員がいるだけで、

利用者さんにとってもかなりプラスなことです。

施設にもよるでしょうが、担当を決めているところもあります。

なるべく自分が得意としている、利用者さんを受け持つのがいいと思います。

いろんな話をする中で、その人の思いや習慣、

人生観などを知りやすくなるからです。

おたがい心を開いた関係であることが重要です。

よく介護現場では、「QOL」という言葉が使われます。

はっきり言ってピンとこないと思います。

簡単に言うと、「その人のらしさ」です。

その人の、今までの習慣や考え方を尊重することです。

朝は何時に起きて、夜は何時に寝るとか。

朝食は食パンがいいとか。

担当する利用者の、当たり前のことを知っていくことが必要です。

私たちは、好きな時に朝食を食べ、

外出し、食事をし、お風呂に入り、

自由に選択できるわけです。

つまり、「QOL」はかなり高いのではないでしょうか。

それでは、入所している利用者さんはどうでしょうか?

施設の決めた時間や、方針に合わせてもらうことに力を注いでいるかもしれません。

担当を決めるということは、

その人の生活リズムに合わせた介護を考えることです。

現場の雰囲気が、業務を効率的にまわすことに重点がおかれてはいけません。

もしそうだとすれば、利用者さんの思いが分かってきても、

発言することが難しいでしょう。

私もそれは感じますし、悩みます。

ただ業務をこなすだけでなく、利用者さんのことについて

話をする時間が介護現場で非常に少ないと感じます。

もっと利用者さんの話をしたほうがいいと思います。

たとえば、介護度が高く、徘徊があり、夜も寝てくれない。

とても大変な利用者さんがいます。

ときおりみせてくれる、笑顔や、「ありがとう」という言葉に、

とても救われます。

なぜかこんなに大変なのに、憎めない。(笑)

ここに介護職、そして、人としてのすばらしさがあります。

自立支援と言われますが、

すべてを自分一人でできる人はいません。

できることと、できないことを受け入れて、

お互い助け合うことが、「自立」という意味です。

介護職というのは、本当に

人間性が問われる仕事だと感じます。

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました