アルツハイマー型認知症って?

その他

「認知症」とい言葉をよく耳にすると思います。認知症は病名ではなく、「脳に病変が生じた為、認知機能が持続的に低下し、生活に困難をきたした状態」となります。つまり認知機能が低下して一人で生活をするのが難しい状態です。

認知症の原因疾患にアルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症などがあり、アルツハイマー型認知症が7割近くを占めています。それではアルツハイマー型認知症についてみていきます。

スポンサーリンク

原因と症状

アルツハイマー型認知症の原因は、老化に伴って脳内にβアミロイドというたんぱく質(老人班)が増えること原因です。脳内に異常に老人班の沈着が起こり、神経細胞の死が急速に広がります。

認知機能の低下により記憶障害が起こります。近時記憶が失われることが多く。数分前のことも忘れてしまうことがあります。例えば、食べたこと自体忘れます。

過去の記憶が失われるということは、経験した記憶がなくなるということです。私たちは経験をもとに物事を判断しますので、状況判断が困難になり気持ちが不安定な状態となります。

その他にも動作の手順がわからなくなったり、病識が乏しくなり、社会のルールがわからなくなります。BPSD(認知症の行動・心理症状)を引き起こすこともあります。

治療

アルツハイマー型認知症の治療は薬物療法が中心となります。病気自体を完治させることはできないので、症状を遅らせることになります。早期発見、早期治療が大切です。

名前を聞いたことがあると思いますが、ドネベジル、ガラタミン、リバスチグミン、メマンチンが保険適用の認知症治療薬です。また興奮や不安の症状などのBPSDが続くときには、抗精神病薬や抗不安薬、漢方などを併用することもあります。

服薬するにあたり、副作用がありますので服薬後の経過を確認して、医師や看護師と相談しながら調整をしてくことが大切になります。

介護職にできること。

介護職の視点から認知症ケアをどのようにみていくかです。多くの人が認知症の症状をもっています。まずは知識をしっかりとつけていくことが必要です。研修などでも勉強する機会がありますので、もう一度見直してみてください。

認知症の治療は薬物療法が中心ですので、服薬の変更や量の増減による利用者さんの変化を慎重にみておく必要があります。しっかりと記録を残しておくことも大切です。

薬物療法以外にもっと大切なのが日々の関りです。認知症の症状が進行すると、経験としての記憶が失われ、今までできていたことができなくなり、自分が誰かもわからなくなるかもしれません。不安な気持ちが常にあり、周辺症状が出てくることもあります。

まずは利用者さんの気持ちを理解することです。否定するのではなく、話を聴く、受け入れる気持ちをもって介護するのがいいと思います。

環境の変化を最小限に。

認知症の症状のある方にとって環境の変化に対応するのは非常に難しいです。認知機能が低下いていますので、今いる場所やなぜここにいるのかを理解できない場合はあります。比較的過去の記憶が残っていると、住み慣れた家が安心されます。

在宅での生活が難しくなり、いきなり入所やデイサービスの利用などよくある話です。ほとんどの方は混乱されています。「ここはどこ?」、「いつ帰れるの?」、「勝手に連れてこられて…」このような感じです。

介護職を長く続けていると、慣れてきますが、慣れてはいけないと思います。私も反省すべきです。時間をかけてしっかりと説明して、安心してもらう声掛けを心掛けたいですね。時にはその場しのぎの対応が必要な時もありますが、そのへんは日々の経験です。

特に生活環境は大切です。なるべく今までの生活に近いものにすることです。たとえば入所された場合だと、家で使用していた家具を持ち込んでいただくことや、好きな花を飾るなどの少しの工夫で安心した生活ができるようになります。

まとめ。

認知症のことは本当に奥が深いです。基本的な知識を身に着けることは必要ですが、職種によって視点や治療。関りも違います。お互い情報共有しながらいいケアを見つけていくことです。認知症は脳の病気であり、それが原因でさまざまな症状が出てきます。その人の気持ちや人権をしっかり尊重した介護が必要です。

その他
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました