2021年度 第24回 本試験 問題12

スポンサーリンク
スポンサーリンク

普通調整交付金、特別徴収交付金

問題12 介護保険の費用の負担について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護給付及び予防給付に要する費用の50%は、公費により賄われる。

2 施設等給付に係る都道府県の負担割合は、17、5%である。

3 調整交付金は、国が全額負担する。

4 普通調整交付金は、すべての市町村に一律に交付される。

5 特別調整交付金は、第 1 号被保険者総数に占める後期高齢者の加入割合などにより、市町村ごとに算定される。



解答

1、2、3

解説

調整交付金は、国が市町村に交付します。市町村の財政力の強弱に応じて傾斜的に交付されます。

1 介護保険の給付に関する費用は、公費と保険料、50%ずつで構成されます。

2 介護保険の財源構成を見ておきましょう。二つのパターンがあります。
(保険料は共通です。第1号保険料23%  第2号保険料27%)
●居宅給付
国25%  都道府県12、5%  市町村12、5%
●施設等給付
国20%  都道府県17、5%  市町村12、5%

3 調整交付金は、市町村の財政力に応じて傾斜的に交付されます。国が全額負担します。

4 調整交付金は次の内容を考慮して決められます。すべての市町村に一律ではありません。
① 第1号保険者(65歳以上の人)の年齢別の分布状況 →普通調整交付金
② 第1号保険者(65歳以上の人)所得の分布状況 →普通調整交付金
③ 災害時における保険料の減免等 →特別調整交付金

5 調整交付金の内容です。

スポンサーリンク
奈良 大阪 三重 滋賀 ケアマネ試験対策 さくら福祉カレッジ 

コメント