雑談のコツは、聞く力。

コラム

こんにちは。

「雑談のルール」って本を読んで
みました。

この本がなかなか勉強になりました。

雑談って、何を話したらいいのか・・・

沈黙が気まずいってことあります
よね。

ここに勘違いがあるわけです。

雑談やコミュニケーションって話
すことが中心と考えがちです。

反対で、聞くことの方が大切なん
です。

人って、自己重要感を満たしたい
という欲求があります。

自分のことをわかってほしい。

話したい思いがあります。

まずは、相手に気持ちよく話し
てもらうことが必要です。

自分から話してくれる人はいいで
すが、

もちろん、無口な人もいますね。

この場合、質問する力が必要です。

質問に仕方には、

オープンド・クエスチョンと

クローズド・クエスチョンがあり
ます。

相手が、「はい」、「いいえ」で
終わってしまうような聞き方では
なく、

具体的に答えてもらうことがいい
でね。

フルーツは好きですか?

よりも、

どんなフルーツが好きですが?

こんな感じです。

オープンド・クエスチョンといい
ます。

これは福祉・介護の現場で使える
技術なんです。

それから、

「自分はどう思われているのだろう?」

「嫌わらたらどうしよう・・・」

こんな思いがあるかもしれませんね。

自分に意識が向いています。

人から好かれることや、よくみせ
ようとするのではなく、

相手に興味・関心を持つことが
大切です。

完璧主義は良くありません。

肩の力を抜いていきたいですね。

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました