排泄ケアはタイミング。

コラム

こんには。ふくまるです。

最近、仕事の中で、いい発見があったので、

伝えておきたいと思います。

介護の仕事で、「食事・排泄・入浴」

大切ポイントですし、仕事の大部分を占めています。

今日は、「排泄」について考えてみます。

私が関わっている、おじいさんがいます。

もう90歳を超えていますが、良く食べます。

しかし、トイレの訴えを伝えることが難しく、

ほとんどの場合、尿・便ともに失禁という状態でした。

医療面、看護師の視点から見れば、排便が出ているし、

数日出なければ、便薬を飲めば排便はオッケーということでした。

しかし、介護の視点から考えればどでしょうか?

その人の生活を支えるという考え方が大切です。

つまり、排泄のついても、

いつするのか、どこでするのかです。

薬に頼ることや、敵便はなるべくさけたいものです。

ただし、緊急を要する時は必要です。

私たちは、便意をもよおしたとき、トイレに行きます。

快便なら、非常に気持ちがいいものです。

これは生理的に、欲求にかなっているものです。

介護の現場でも、この視点をもたなければなりません。

話は戻りますが、おじいさん。

関わっている中で、起床時と朝食後に比較的、

便失禁をされることが多いでした。

私の思いとして、便意をもよおしたときに、トイレでするです。

こちらの本が非常に参考になり、実践してみようと思いました。

おじいさんですが、食後は、

たいがいは、うとうとしているか、部屋で休みたいのか、

立ち上がろうとしています。

その日は、いつもと違う様子でなにかゴソゴソとしていました。

トイレの声掛けをしても、あまり反応はありませんでしたが、

とりあえず、車いすでトイレまで行きました。

するとお腹が、「グー」と鳴っていましたので、

もしかしていけるのかなと感じました。

いつもより長く便器に座って頂きました。

すると、しっかりとした排便をされたのです。

この方と関わって、初めてトイレで排便をされたのには、本当に驚きました。

これが介護の仕事の大切なところと感じました。

もしかして?という直感が経験からできてきます。

便失禁をしてしまうと、ご本人は不快で、自尊心を傷つけてしまいます。

トイレで排泄をすることがベストです。

そのためには、知識が必要です。

その人の生活リズムをつかみ、タイミングを知ることです。

そのために排泄チェックをします。

また、上に立つ人は、排泄の大切さを伝えていかなければなりません。

今回の経験は私にとって、非常に大きいものになりました。

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました