指導力。指摘ではなく指導。

コラム

こんにちは。ふくまるです。

みなさんの事業所では、新しい職員さんが就職してきたらどのような対応をしているでしょうか?

介護業界は人出不足で、どこの事業所も人材を求めていると思います。

一般的な企業と違って、決まった時期に入社というより、申し込みがあれば採用という場合が多いように感じます。

大切にしたいのは、「介護の仕事を頑張ってみたい。挑戦してみたい」と考えている人が続けていけるように、指導やサポートをすることです。

職員の対応が悪かったり、仕事ができない。なかなか覚えられないことが原因で、早々に退職してしまうのは残念に思います。仕事を憶えるにはある程度の時間が必要です。

確かに会社に所属し給料をもらっている以上、本人の努力はそうとうに必要になります。最低でも給料分の仕事をしなければなりません。しかし、仕事を憶える速さや、個性というのもありますので、尊重しながら指導すべきです。

何年も働いているとできてあたりまえになります。でも、自分が仕事をはじめたときはどうでしょうか?おそらく右も左もわからず、不安の中、必死で仕事をしていたと思います。

その時に気持ちを忘れずに、仕事を教えてみてはどうでしょうか?

そして、できないことを指摘するのではなく、わかるまで指導する。決して相手の人格を否定するようなことがあってはいけないと感じます。

仕事は、速さや効率を求められることもあります。たしかに介護現場でも仕事を回すことをしないと、一日の仕事が終わりません。

しかし、利用者さんの対応において効率をもとめてしまうのはどうでしょうか。人相手の仕事ですから相手のペースを意識するしかありません。

また、利用者さんも十人十色ですから、いろんな職員がいていいのです。協力しあって一日の業務、利用者さんのケアをしていきたいものです。

同じ職場で長く働いていると、こうあるべき。当たり前ができてきます。そういう意味では新しい職員さんが入ってくることは、今までのやり方を再確認できるチャンスでもあります。

人間というのは、変化を嫌う傾向にあります。自分自身の考え方を押し付けていないか、注意しなければなりません。

人が変化を嫌うというと、高齢者の方が環境が変わると認知症が進むことと似ているように感じます。これは私たち介護職がしっかりとケアすることです。

話はそれましたが、新しい人材の定着について、指導力が今後重要になってきます。まずは自分自身の成長を心掛けていきたいですね。

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました