感情はちゃんと伝わる

コラム

こんにちは。

高齢者と関わる仕事をしていると、

認知症のある方と接する機会が多
くあると思います。

どのように関わりを持っているで
しょうか。

認知症と言っても、人それぞれです。

少し物忘れが出できた軽度の人。

意思疎通が難しい重度の人。

また、医学的には、

アルツハイマー型とか、脳血管型など。

知識としては勉強しますね。

これも大切なことです。

認知症が酷くなると、

会話が成り立たなかったり、

言葉を発することができない場合
もあります。

本当に伝わっているのだろうか。

もしかしたら、

どうせ伝わっていないだろう。

こう思ってしまうかもしれません。

私自身はどうかというと、

イライラすることや腹が立つこと
だってあります。

人対人ですから、

普通なことなのかもしれません。

ただ専門職として、感情のコント
ロールができるというの大切なこ
とではあります。

話がそれましたが、

認知症で意思疎通ができなくても、
しっかりと伝わっています。

間違いありません。

介護は心が大切であると、最近よ
く感じるようになりました。

出来事は忘れてしまっても、その
時の感情は忘れないと聞いたこと
があります。

認知症は、脳の病気であって、

歳を重ねると、身体には不具合が
出てきます。

ただそれだけのことです。

とは言っても、後で反省すること
はよくあります。

「介護」というのは、奥が深いな
と感じますね。

Yasu

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました