後悔がないように。

コラム

こんにちは。

寒い日が続い続いていますね。

早く暖かくなってほしいものです。

2月、3月は年度が変わることも
あり、何かと忙しい時期でもあり
ます。

仕事にもよると思いますが、

こどもと関わる仕事だと、卒業や
卒園があり、

いい意味で区切りがつくのかなと
感じます。

介護の仕事はどうでしょうか。

あまり大きな変化がないのが実際
のところです。

体調を崩して、入院したり、

もちろん亡くなることもあります。

人間はいずれは、「死」を迎えます。

これはどれだけ医療は発達しても
変わることはありません。

時期を遅らせることはできるかも
しれませんが。

「死」という卒業と私たちはどの

ように向き合っていくかです。

高齢者と関わるということは、

人生の最後を意識して介護をする
ことが大切かなと感じます。

身体が不自由になり、

認知症により、何もわからないと
感じてしまうかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

心のこもった介護は、

相手に伝わっていると信じてする
ということかもしれませんね。

死を卒業と考えた時、

突然起こるものです。

もしかしたら明日かもしれません。

後悔がないように、

この人に介護をしてもらてよかった。

このようの思ってもらえるように
仕事ができるといいですね。

Yasu

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました