家族介護は未知

コラム

こんにちは。

私には、90歳近い祖母がいます。

ここ最近、認知症が酷くなっていて、

両親とも祖母のことで話す機会が
増えました。

食べたことをすぐに忘れてしまう
ようで、

父親曰く、ほんとによく食べると笑。

本人にしてみれば、実際に食べてい
たとしても、

記憶がないので、食べていないの
です。

短期記憶が維持できないのも、

認知症なので仕方ない部分もあります。

自分の家族が認知症になった。

現実に私もそのような状態ですが、

福祉の仕事をしているからといっ
て何かできるわけではないと感じ
ます。

とても複雑な気持ちです。

「認知症」

家族の目線からして、

アルツハイマー型認知症です。

とか、

レビー正体が原因です。

このように言われたとしても、

そうなんですね。で・・・

どうすれば・・・

家族介護においてあまり専門的な
ことは重要視されないかもしれま
せん。

「うちの母はどうなるの?」

「これからどうやって介護をして
行けばいい?」

まず不安が大きいと思います。

このような気持ちに寄り添って
行くことが福祉職には求められ
ます。

突然とやってくる介護。

知識や経験のない家族からすれば、

全てが未知。

私たちは、だた知識やサービスを
提供するだけでなく。

気持ち。心。

この辺が問われているように感じ
ます。

Yasu

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました