リーダーの視点。

コラム

こんにちは。ふくまるです。

こんなリーダーや上司ならついていきたい。

そんな人はいるでしょうか?

なかなかないるようで、いない。

そんな感じです。

介護の現場で、リーダーに求められるものは何か考えてみました。

管理者がいて、経験の長い人、短い人、

いろんな職員がいる中で、中間管理職は難しいポジションではあります。

介護に対する考え方。これをしっかり持っているかどうかだと思います。

経営者からは、売り上げのことを言われたり、下のからは愚痴や不満を聞くこともあるでしょう。

そんに中でも、利用者目線でよい介護を貫く人であってほしいです。

周りから煙たがられたとしても、なぜ介護施設が必要なのか、

高齢化社会を支える、大切な仕事であることを考えなくてはなりません。

ただ経験が長いからよいというわけではなく、

人間性、しっかりとした人間感を持っているかが問われます。

高齢者施設に来るということは、介護が必要ということです。

いつまでも自分のことは自分でしたい。

そう思うのは当たり前のことです。

介護を受ける人の気持ちや、ご家族の思いを汲み取れる人が必要です。

未経験の新人さんには、介護の基本である。

「食事、排泄、入浴」についてしっかりとした説明をします。

何事も基本が大切です。

介護業界の経験が長く、年上だったとしても、

伝えるべきことは言わなければなりません。

言いづらいとは思いますが笑。

何でもできて、知識があることも素晴らしいことですが、

やはり、メンタルの強さや、心の優しさが求められます。

そうでないと誰もついてこないかもしれません。

これから、団塊の世代が75歳以上となり、

高齢者施設が増え、ますます人材が必要になります。

だからこそ、しっかりとた理念を持った事業所で、

よい職員がいないと、生き残っていけないと思います。

私自身も、介護技術の向上だけでなくて、

人間性を磨いていきたいですね。

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました