ミスを無くす視点。

コラム

こんにちは。

仕事中に、ミスをしてしまうこと。

ミスを発見してしまうこと。

ミスがあったと、後から聞くこと。

あるのではないでしょうか。

自分がミスをしてしまった時は、

もちろん反省が必要です。

誰かがミスをしてしまった時に、

自分が関わっていなくて良かった
ではなくて、

できることがなかったかと考える。

大切な視点かなと感じます。

例えば、

介護現場で事故報告書があります。

通称、事故報。

これも反省文ではなく、

再発を防ぐ。

他の職員が事故について考える。

このような意味があると思います。

それから、服薬の事故。

飲み忘れや、飲み間違い。

利用者さんの口に入るまでに
間違いに気付けるチャンスがある
わけです。

薬を準備する人。

運ぶ人。

服薬する人。

一連の流れにいろんな職員が関わります。

間違いを指摘するといことではなく。

チームとしてミスを無くしていく。

こんな視点を持てるといいですね。

Yasu

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました