ニーズに応えることができるか。

コラム

こんにちは。

高齢者介護を考えた時、入所施設
やデイサービスや訪問など。

いくつかの選択肢がありますね。

よく働いている人は、自分がどれ
に向いているかを考えて転職した
りもします。

業務内容もかなり違いますが、

関わる利用者さんがどんな人なの
かも考えてみることが大切です。

例えば、特養は基本的に介護度が
高いので、身体介護が中心だったり、

認知症がかなり進行していること
もあります。

訪問も様々ですが、生活援助中心
だと、

料理をしたり、お話をしたり、

独居の人にとっては、ヘルパーさ
んであっても、

数少ない、関わりを持てる存在に
なるかもしれません。

利用者のニーズに対して、自分は
どんなことを提供できるのか。

考えてみるといいですね。

男性だと、料理はできないけど、
力と体力には自信がある。

身体介護中心の入所施設ではかな
り力を発揮できると思います。

介護は力だけではありませんが笑。

人の話を聞くの得意で、介護保険
のことも詳しい。

相談員やケアマネという選択肢も
ありますね。

介護の仕事も様々です。

自分がどんなことができるのか

考えてみるといいですね

コラム
福祉職のためのお役立ちサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました